オフィスを仕切る|オフィスデスクでスマートに仕事ができる!

オフィスデスクでスマートに仕事ができる!

オフィスを仕切る

事務所

壁なき所に壁を作る

人生に壁はつきものですが、今やオフィスには壁や柱が殆どなく素晴らしい見通しでその先の未来さえも見通せそうです。それはそれでいいのですが、内輪の会議や来客との商談などにはこの開けた環境が逆に邪魔になる時があります。その場合に役立つのがパーテーションです。以前は間仕切りや衝立などと呼ばれ、擦りガラスを枠で囲んだ固定式のものが多かったですが、最近は軽量で持ち運びが簡単なものが主流です。必要な時にだけ持ち出して、必要な場所に設置する簡易型が人気で、オフィスデザインに合わせて色や素材にも拘った物も有ります。最近は、オフィスの部署やチームのデスクをパーテーションで囲んで一体感を持たせることにも使われています。自由度が高く、手軽に空間を仕切ることが出来るので業種を問わず利用されています。もちろん、オフィスデザインの一環として施工型では固定式のパーテーションが使われることも有ります。

選び方は色々有ります

パーテーションを導入することは何も難しいことではありません。その効用は誰しも認めているので上司の決済も割合簡単に降りることになるでしょう。しかし、その種類は用途に合わせて色々あります。オフィスの環境を考えて恒久的に仕切りたいのなら施工型のものも有りますし、一時的なプロジェクトの区分けや会議の時にのみ使うのであれば移動式で軽いものが重宝します。また、置き場に困るというのであればレンタルも出来ます。展示会や面接、見本市、商談会などで仮スペースに使う場合は、購入するよりもレンタル品を使った方が断然お得です。パーテーション使う場合は、素材、持ち運びの有無や移動距離、重量、サイズに加えコストも考えて導入する必要性があります。省スペースを考えるなら、アコーディオン型や折りたたみ型がいいですし、ある程度の可視性が必要なら半透明タイプのパーテーションがおすすめです。

このエントリーをはてなブックマークに追加